ゴールの設定

まず、時間としても無尽蔵にあるわけではないので、一つのことに入り込まないように全体としてのゴールイメージを書いてみた。 試してみるにあたり、ゴールを設定していろいろと絵をかいてみた。 まずは、ゴールを書いてみて、そこからいろいろと調査、実験をしながら進めていくと、結構あいまいな知識であったことがよくわかるのと、現実(時間と重要度)が見えてきてどうしてもゴールを動かしたくなってくる。 趣味ごとなので、これで良しとする。

最初のイメージは下記の通り。

大きな間違いとして、すでにLPWN であるLoRa WANのネットワーク網は無料でお試しで、簡単にできるかと想像していた。 これは大きな間違いであった。
調べた結果、下記のゴール設定となった。 これも、まだ書き換えることになるかもしれない。(まだ、間違っている部分もある。)

センサーから説明すると、ここで温度センサと湿度センサを実験として使用した。ここは良く使い慣れたArduinoを素材とし、それにLoRaのWireless Moduleがついたものを用いている。
まず、Nodeと呼ばれるものの役目だが、正確にはDeviceといったほうがよさそうである。ただ、一つのDeviceには複数のセンサデータなどを含めることができる。

上図のNode(Device)の役目は、
-センサからデータを収集
-MQTTというプロトコルに合わせこむ
-LoRa網を経由させてLoRa Gatewayにデータを送る
となる。

LoRa Gatewayの役目は、LoRa網に来たDeviceからデータをInternet上にあるBrokerに転送することである。

Brokerの役目は、Deviceから来たデータを配信する役目を担う。

IoT ServiceはBrokerと連携してデータの蓄積、集計、HMI(表示器)などの役目をする。

MQTTはプロトコルとしてPublisher/Subscriberモデルでメッセージングを行います。
メッセージの発信者(出版者)をPublisher、メッセージの受信者(購読者)をSubscriber、メッセージの仲介をするのがBrokerです。出版者が不安定だったり購読者が多いケースなど利点もたくさんあるのですが、欠点もある手法なので注意は必要となる。
感想として、MQTTは、使用目的が簡易な機器のデータ通信に特化しており、ある程度割り切りの使い方をすることで、HTTPなどと比べても非常に小さなプロトコルである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です